ホーム > こんなときどうする? > 家族が増えた、減ったとき

家族が増えた、減ったとき

あらたに被扶養者としたり、外れたりするときは手続きが必要です。
被扶養者について詳しくはこちら

新たに被扶養者とするとき

結婚や出産、同居などにより扶養する家族が増えるときは手続きが必要です。

提出書類 身上変更報告書(1.扶養家族異動届)
扶養状況届 ※健康保険組合から提出依頼があった場合
提出期限 5日以内
提出先 在職者の方:各事業所人事担当課
退職者の方:三菱UFJ証券グループ健康保険組合
添付するもの ※添付書類が必要な場合がありますので、事前に上記の提出先にご相談ください。
ご注意ください

成年者(配偶者・父母など)の扶養は別途添付書類が必要です。

●被保険者と同一世帯であるという証明

住民票(配偶者の場合は不要)

●認定される時からの収入が130万円未満である事が証明できるもの
(60歳以上75歳未満の方は180万円未満)

失業給付受給資格者証の両面の写し
(年金収入のある場合のみ)国民年金厚生年金 裁定通知書・支給額変更通知書

●今まで加入していた健康保険の「健康保険資格喪失証明書」

※国民健康保険に加入の場合は保険証の写し

【注意】
前記の添付書類は一例です。
ご家族の状況により、他にも添付書類が必要になる場合もありますので、事前に上記の提出先にご相談ください。


被扶養者からはずれるとき

子どもが就職したり、結婚したりして被扶養者からはずれるときなどは、被扶養者資格はなくなります。

提出書類 身上変更報告書(1.扶養家族異動届)
提出期限 5日以内
提出先 在職者の方:各事業所人事担当課
退職者の方:三菱UFJ証券グループ健康保険組合
添付するもの
  • ・保険証
  • ・被扶養者がすでに他の健康保険に加入している場合は、その保険証の写し。

こんなときどうする?



  • Web医療費明細・保険給付決定通知書
  • 健診案内 インターネット申込
  • 健診結果
  • 健康電話相談
  • 無料歯科健診
  • 健康保険Q&A
  • ヘルシー情報 リンク集
  • スポーツクラブルネサンス
  • あしたの健保プロジェクト
  • PepUp

pagetop