ホーム > こんなときどうする? > 医療費が高額になったとき:手続き

医療費が高額になったとき:手続き

医療費の自己負担額が高額になったとき、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。自己負担限度額は、所得や年齢により異なります。

病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき

外来・入院とも事前申請により発行される「健康保険限度額適用認定証」を「保険証」とともに医療機関窓口に提示することで、窓口での支払いは自己負担限度額までとなります。

提出物 健康保険限度額適用認定申請書
提出先 健康保険組合
備考

平成30年8月より、70歳以上で所得区分が「現役並み所得者Ⅰ・Ⅱ」の方が、保険医療機関の窓口での支払いを自己負担限度額までとしたい場合は「限度額適用認定証」の提示が必要となります。

なお、所得区分が「現役並み所得者Ⅲ」「一般」の方は従来どおり高齢受給者証を提示することにより、自己負担限度額までとなるため、事前申請の必要はありません。

医療費の貸付を受けたいとき

高額療養費として支給されるまでの支払にあてる為、貸し付けを受けることができます。

提出物 高額医療費貸付申込書
提出先 健康保険組合
添付するもの 医療機関等からの(療養に要する費用の内訳のある)請求書または領収書

高額医療・高額介護合算制度の支給申請をするとき

申請は次のように行います。

1 市区町村の介護保険の担当窓口に「支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」を提出します。
2 介護保険の担当窓口から「自己負担額証明書」を交付してもらいます。
3 2でもらった「自己負担額証明書」を添付して、健康保険組合に申請をします。
4 (健康保険組合で支給額の計算をします。)
5 (健康保険組合から、算出した額を市区町村の介護保険の担当窓口を通知します。)
6 健康保険組合と市区町村の介護保険の担当窓口の両方から、被保険者に支給される額が通知され、健康保険組合と市区町村の両方から被保険者に支給されます。

こんなときどうする?



  • Web医療費明細・保険給付決定通知書
  • 健診案内 インターネット申込
  • 健診結果
  • 健康電話相談
  • 無料歯科健診
  • 健康保険Q&A
  • ヘルシー情報 リンク集
  • スポーツクラブルネサンス
  • あしたの健保プロジェクト
  • PepUp

pagetop