ホーム > 健保のご案内 > 健康保険に加入する人

健康保険に加入する人

被保険者とは?

健康保険に加入して、保険料を納める人を被保険者といいます。被保険者になると、病気やけがをしたときに必要な保険給付を受けられます。また、出産や死亡したときにも保険給付があります。法人の事業所などで働く人は、事業主や本人の意思に関係なく、原則としてすべての人が被保険者となります。

被保険者の資格は入社した日に取得し、退職した日または死亡した日の翌日に資格を失います。また、日本国内に住所を有する人で75歳の誕生日を迎えられる人は、75歳の誕生日をもって資格を失います。
資格取得や喪失の手続きは、事業主が行います。


短時間労働者への健康保険の適用

一部の専任社員の方やパートタイム等、一般社員より就業時間が短時間の方でも、勤務日数や勤務時間が一般社員の4分の3以上のときは、原則として勤務先の健康保険に加入することになっています。

また、就業時間が週30時間未満の場合についても、次の要件を満たす人には、原則として勤務先の健康保険が適用されます。ただし、学生は除かれます。

  • ・週20時間以上の勤務
  • ・賞与、時間外手当、通勤手当等を除く月額賃金が8.8万円以上(年収106万円以上)
  • ・勤務期間が1年以上

被扶養者とは?

健康保険では被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている一定範囲の扶養家族の病気・けが・死亡・出産についても保険給付を行っています。この扶養家族のことを被扶養者といいます。
被扶養者は、法律で定められた基準をもとに健康保険組合が認定しています。また、日本国内に住所を有する人で75歳の誕生日を迎えられる人は、75歳の誕生日をもって被扶養者から削除となります。

被扶養者の認定について

被扶養者として認定できる人は、被保険者の3親等内の親族ですが、別居の場合、認定の対象外になる人がいます。

(1)被保険者との同居を条件としない人

  • ・配偶者(内縁の配偶者も含む)
  • ・子、孫、兄弟姉妹
  • ・父母などの直系尊属

(2)被保険者との同居が必要な人

  • ・上記(1)以外の3親等内の親族
  • ・被保険者と内縁関係にある配偶者の父母と子(配偶者の死亡後も含む)

被扶養者の範囲の図

収入の限度額について

被扶養者は、主として被保険者の収入によって生計を維持している人が対象となります。生計維持の認定には次の収入基準を満たし、かつ被保険者の年間収入の2分の1未満であることが必要です。

60歳未満の人 60歳以上75歳未満の人、65歳未満の一定の障害のある人と認定された人
年収130万円未満かつ被保険者の年収の2分の1未満 年収180万円未満かつ被保険者の年収の2分の1未満

60歳未満の人
年収130万円未満かつ被保険者の年収の2分の1未満

60歳以上75歳未満の人、65歳未満の一定の障害のある人と認定された人
年収180万円未満かつ被保険者の年収の2分の1未満

  • ・年間収入の「年間」とは必ずしも、1月1日から12月31日までの1年間をさしてはいません。事由発生時点から将来にわたっての1年間(12ヵ月)で、想定される収入をみます。
  • ・勤務先が健康保険の適用事業所で、かつ、パートタイムなど、「短時間労働者」に該当する場合には、原則として勤務先の健康保険が適用され、当健保組合での被扶養者には該当しませんので、ご注意ください。

別居している場合

被扶養者とは、「主として被保険者の収入によって生活していること」が条件であることから、別居している家族を扶養する場合、収入が基準内であるとともに、次の仕送りの条件をすべて満たす仕送りをしていることが必要です。

仕送りの条件

  • ・被扶養者とする者の収入月額より多い金額であること。
  • ・毎月必ず仕送りしていること。

※原則、手渡しや複数月分をまとめて仕送りしている場合は認定できません。
※毎月、仕送り証明の書類(銀行振込の控えなど)が保管できる形での仕送りをお願いします。

夫婦共同扶養について

被保険者夫婦両者に収入があり、共同で子どもを扶養する場合には、子どもの人数に係わらず、年間収入が多い方の被扶養者とする事を原則としています。
※複数の子を夫婦それぞれに分けて被扶養者にすることもできません。

当組合は、夫婦の前年の年間収入を比較し、被保険者の年間収入が配偶者より多い事を確認し認定を決定しています。年間収入が被保険者より配偶者の方が多い場合その子どもは、原則被扶養者になれません。すでに当組合に認定されている方でも、年間収入が被保険者より配偶者の方が多くなった場合は、翌年より扶養からはずす手続きが必要となります。

※ここでの「年間収入」とは前年1月から12月までの収入のことです。



pagetop